東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯間ブラシ

歯周病菌は酸素を嫌うので、歯と歯の空気の届きにくい所にとどまりますので、歯と歯の間から歯周病が発症します。

歯周病だけでなく、歯と歯の間は歯垢も溜まりやすく虫歯になりやすい場所でもあります。
こんな、虫歯と歯周病予防を手助けするお掃除方法が、歯間ブラシとデンタルフロスです。
歯ブラシだけでの歯磨きでの歯垢除去率は60%以下ですが、歯間ブラシとデンタルフロスを歯ブラシと併用して使用する事で歯垢除去率が95%まであがります。

歯磨き粉やデンタルリンスの殺菌効果などはありますが、歯垢を取り除く効果は残念ながらありませんので、歯間ブラシとデンタルフロスを歯ブラシと併用することが虫歯や歯周病予防に役立ちます。
ただし、歯間ブラシは使用方法を間違えてしまうと歯と歯の間の歯肉をキズ付けて変形させてしまいますので、太い歯間ブラシを無理に入れるような使用方法は避けましょう。

また、歯間ブラシも場所によって使い分けましょう。
サイズは1(~0.8mm)〜5(1.5~1.8mm)があり、1が入らないようであれば歯間ブラシではなくデンタルフロスを使いましょう。

例えば、歯と歯の隙間が小さい場合や露出している根の間のお掃除には細めの円錐形の物を使用し、隙間が大きい場合やブリッジの部分には太めの円柱形の歯間ブラシを使用すると効果的です。
使用開始時に、歯茎に炎症がある場合は出血する事がありますが、使用してお口の環境が良くなってこれば出血は止まります。いつまでも出血が続くようでしたらお口の中に異常がある事がありますので、歯医者さんにご相談下さい。

歯間ブラシは歯ブラシ同様にブラシが傷むまで繰り返し洗って使用できますので、使用後は洗って風通しのいい所で乾かしましょう。
使い方としては、前歯であれば、真直ぐ前から歯の間に差し込んで2〜3回前後に動かします。奥歯であればブラシの先を90度くらいに曲げて脇から差し込んで動かして汚れをとりましょう。あらかじめ奥歯用の歯間ブラシは曲がった形のものもあります。

歯間ブラシ

ページの先頭へ戻る