東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

虫歯の予防について

バス法
歯周病の予防や治療に効果的な方法です。歯と歯茎の間の歯垢を取りながら歯茎をマッサージします。 注意点は力を入れすぎたり、硬めの歯ブラシをつかったりすると歯茎を痛めてしまいます。また、歯ブラシのヘッドは小さいものがいいでしょう。

歯の磨き方

歯の磨き方

歯の磨き方

[1]歯に45度の角度になるように歯ブラシを当て、歯と歯茎の間に毛先を集中させます。

[2]ブラッシングは一番奥の歯の後ろ側から磨き始めるのがいいでしょう。ただし、この部位は口を大きく開けすぎると歯ブラシが全く入らないので、はじめに人差し指を当てて口の開き具合を確認するとよいでしょう。

[3]次に外側を、毛先がほとんど動かないほどの細かい震動を与えるようにして磨きます。歯ブラシを柔らかいタッチで軽く持つのがコツです。

歯の磨き方

歯の磨き方

歯の磨き方

[4]前図3で10秒ほど磨いたら、歯1本分歯ブラシを移動させて当てる。

[5]毛先が歯と歯肉の間に入っているのを確認した上で毛先を動かさず歯ブラシの頭を小さく震動させます。

[6]下あご前歯の外側の磨き方です。奥の歯から順番に1歯ずつずらして前歯にいたるように磨きましょう。

歯の磨き方

歯の磨き方

歯の磨き方

[7]下あごの内側も一番奥の歯から磨き始めます。この部位は最も磨きにくく磨き残しやすいので、常に歯肉に毛先が当たっていることを意識しましょう。

[8]下あごの奥歯の内側は、舌が邪魔するため磨き残しやすいです。舌の下に歯ブラシを入れるようにするとよいでしょう。

[9]下あごの犬歯の部位はカーブがきついため歯ブラシを動かしにくいので気をつけましょう。1歯ずつ確実に。

歯の磨き方

歯の磨き方

歯の磨き方

[10]下あご前歯の内側は唾液腺の開口部に近いため、歯石がたまりやすい要注意ポイント。毛先が歯と歯肉の間にしっかり入った状態で歯ブラシの頭を震動させて磨きましょう。

[11]上あご奥歯の外側も唾液腺の開口部に近く歯石がたまりやすいポイントです。ていねいに1歯ずつ磨きましょう。

[12]上あご前歯は最も外から見える部位です。平らな部分に目がいきがちですが、歯と歯肉の間をしっかりと磨くことが大切です。

つまようじ法
歯周病予防と口臭予防にむいていますが、平面のブラッシング効果が弱いため虫歯予防には向いていません。
歯ブラシのヘッドは2列植毛のものが使いやすいでしょう。
また、力を入れすぎて磨くと歯茎を傷めてしまうだけでなく、全く歯磨きの意味がありません。

歯ブラシのあて方

図1のように、歯ブラシを歯に対して30度の角度で毛先を歯肉と歯の境目から歯の先端に向けてあてます。(バス法と歯ブラシの当てる向きが逆向きになる。)歯ブラシの毛先は、力を入れずに軽く当てます。また、歯の裏側も同じようにあてます。
歯ブラシのあて方

ブラッシング方法

図2のように歯ブラシを30度に保ったまま、毛先を歯と歯の間に入れるように歯に沿って移動していきます。
このとき歯ブラシに力が入らないように上の歯は、上から下へ、下の歯は、下から上へ、つまり、歯茎の方から口の真ん中に向け、歯にそってまっすぐ毛先が歯と歯の間に入るように歯ブラシを動かします。
歯の裏側も同じように磨きますが、特に毛先が入りにくい方はヘッドの先の方を利用します。特に若いときの健康な歯茎の場合、毛先が入りにくいですが、1〜2本の毛が入るように心がけます。毛先は無理に歯と歯の間に入れる必要はありません。正しく動かすと毛先が数本歯と歯の間に入ります。多少歯ぐきに圧迫がある方がマッサージの効果があります。
最後にフッ素入りの歯磨き粉をつけて、仕上げをします。このときに、かみ合わせ部分も併せて磨きましょう。
歯磨き粉をつけるとすっきりして磨けている気分になるので、歯磨き粉を使用せず、ブラッシングをしてみましょう。
つまようじ法は、正しくブラッシングができれば歯周病になりやすい部分の歯と歯茎の境目、歯と歯の間の歯垢除去に効果がありますが、慣れるまで非常に難しいと思われます。
ブラッシング方法



図2 歯ブラシの動かし方
下:側面から見た図

歯ブラシの動かし方

図3 歯と歯の間に毛先が入っている様子

ローリング法
歯の表面の汚れや歯垢を取り、歯茎のマッサージができる方法。歯茎から歯の方へ(上の歯は上から下へ、下の歯は下から上へ)歯ブラシを歯ぐきにあて、歯ブラシを半回転させて歯垢をかき出すように磨きます。歯並びがよく、歯茎が健康な方に適していて虫歯や歯周病が気になる方に向いています。
ローリング法ローリング法
ローリング法ローリング法

スクラッビング法
歯と歯茎の境目や奥歯の裏側、噛み合わせ面の歯垢を振動による摩擦で落とす方法。毛先を歯の表面に垂直に当て、細かく(歯一本分程度)前後に動かして磨きます。力を入れすぎると歯茎を傷つけるので注意しましょう。 小学生までの子供や虫歯が気になる方に向いています。

スクラッビング法スクラッビング法スクラッビング法スクラッビング法

 

フォーンズ法
力のない幼児やお年寄りに適した方法。歯を噛み合わせた状態で、歯ブラシを歯に対して垂直に当て、円を描くようにしてグルグルと上下の歯を一緒に磨きます。歯の裏側は毛先を当て小さく前後運動させてみがきます。

フォーンズ法

水平法
力のないお子様やお年寄りに適した方法。毛先を歯に垂直(90度)に当て、水平(近遠心方向)を保ちながら横に往復運動します。

水平法   水平法

しかし、サイト上での歯ブラシ指導には、個人個人に合わせた細かい指導など、歯医者さんのように患者さんの歯並びをはじめとしたお口の中の状況に合わせて行うには限度がありますので、歯医者さんでブラッシング方法の指導を受けることをオススメします。

サイト上での歯ブラシ指導には、個人個人に合わせた細かい指導など、歯医者さんのように患者さんの歯並びをはじめとしたお口の中の状況に合わせて行うには限度がありますので、歯医者さんでブラッシング方法の指導を受けることをオススメします。

ページの先頭へ戻る