東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

デンタルフロス

歯周病菌は酸素を嫌うので、歯と歯の空気の届きにくい所にとどまりますので、歯と歯の間から歯周病が発症します。

歯周病だけでなく、歯と歯の間は歯垢も溜まりやすく虫歯になりやすい場所でもあります。
こんな、虫歯と歯周病予防を手助けするお掃除方法が、歯間ブラシとデンタルフロスです。
歯ブラシだけでの歯磨きでの歯垢除去率は60%以下ですが、歯間ブラシとデンタルフロスを歯ブラシと併用して使用する事で歯垢除去率が95%まであがります。

歯磨き粉やデンタルリンスの殺菌効果などはありますが、歯垢を取り除く効果は残念ながらありませんので、歯間ブラシとデンタルフロスを歯ブラシと併用することが虫歯や歯周病予防に役立ちます。

デンタルフロスは細い弾力のある繊維の束でできていて、歯と歯の間に入れて歯垢を繊維の束が巻き取りながら除去する道具です。
糸を指に巻きつけるタイプとプラスチックのホルダーに糸がピンと張られているタイプがあります。
ホルダータイプの物は奥歯に使いやすく、デンタルフロス初心者の方にもオススメです。
また、繊維にはワックスを使用したものと未使用のタイプがあります。
ワックスなしのタイプの方が歯にワックスが付かないので理想的ですが、歯と歯の間を通しづらい場合はワックス付を使用された方が勢いで歯の間に入ったデンタルフロスが歯肉を傷つけるなどないのでいいかと思います。

歯と歯の間で引っかかりやすい・切れやすい場合は歯と歯の間で虫歯になっている可能性がありますので、早めに歯医者さんにご相談して治療を受けてください。
また、使用開始時に歯茎に炎症がある場合は出血する事がありますが、使用してお口の環境が良くなってこれば出血は止まります。いつまでも出血が続くようでしたらお口の中に異常がある事がありますので、歯医者さんにご相談下さい。

持ち方

・指巻き法
デンタルフロスを適当な長さに切り、両側の中指に巻いて使う方法です。
・サークル法
デンタルフロスを適当な長さに切り、両端を結び使用する方法です。汚れた部位を移動させる事によって一本で何ケ所にも使用できます。
・器具
あらかじめ器具にフロスがついた状態で売っているものと、器具に自分でフロスをはめるものがあります。

   上の前歯
   上の奥歯   下の奥歯

歯と歯の間にゆっくりと小さく動かしながら挿入していきます。
*コンタクトポイント(歯と歯が接しているところ)を通過するときは少しきつい感じがしますが、パチンと勢いよく入れると歯肉を傷つけるので注意して挿入してください。


コンタクトポイントを通過したら、歯肉の少し中(スッと入る部分)までデンタルフロスを挿入します。


歯と歯肉の境目には、健康な歯肉でも1〜2ミリの浅い溝があります。 歯に巻きつけるようにし、歯の面を左右の面を同じように2〜3回上下にこすってプラークを取り除きます。

別の歯と歯の間に使うときには、使用した部分をずらし新しい部分で同じように繰り返します。 最後にうがいをします。
デンタルフロスが抜けにくい場合は無理に外さずに一方から引き抜くようにしましょう。

無理に外そうとすると場所によって詰め物などが外れてしまいます。

ページの先頭へ戻る