東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯(歯肉)の色が気になる方
   → クリーニング
   → ホワイトニング
   → 歯肉のホワイトニング
   → 費用
   → よい審美歯科の選び方

歯の形・並びが気になる方
   → セラミック素材
   → ラミネートベニア
   → セラミッククラウン
   → 費用
   → よい審美歯科の選び方

セラミッククラウン

虫歯などが原因で大きく削ってしまった歯はラミネートベニア(付け爪のようなもの)では改善できない大きな歯並びのずれを直すことができます。歯の外側を削りセラミックのクラウン(冠もしくは差し歯)を上からかぶせる治療方法です。

白い歯のクラウンには、金属にセラミックを焼付けて強度を補強したメタルボンドと、金属を一切使わず天然の歯に近い外観のセラミックのみで作られたオールセラミックスクラウンが主流でした。

近年、金属よりも硬く天然ダイヤに次ぐ強度としなやかさを持った酸化ジルコニウムで造られたジルコニアの3種類があります。

ジルコニア
ジルコニア
セラミッククラウンとジルコニアは光を透過し時間がたっても変色せず、色の後戻りもありません。

また、メタルボンド冠とジルコニアは強い圧力がかかる部分にも使用が可能で見た目がいいだけでなく、形や歯の向きを変えることも可能です。

セラミッククラウンの注意点

健康な歯であっても比較的削る量が多く、歯によっては形や歯の向きを変えるために神経を取らなくてはいけない場合があり、神経を取る事で歯の寿命が短くなってしまいます。

健康な歯を削る、神経を取る方法ですので担当医に一般的ではなく、ご自身の歯に対するメリット・デメリットの説明を受けてからよくご検討下さい。

オールセラミック冠

メタルボンド冠

オールセラミッククラウン

メタルボンド冠

ページの先頭へ戻る