東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯(歯肉)の色が気になる方
   → クリーニング
   → ホワイトニング
   → 歯肉のホワイトニング
   → 費用
   → よい審美歯科の選び方

歯の形・並びが気になる方
   → セラミック素材
   → ラミネートベニア
   → セラミッククラウン
   → 費用
   → よい審美歯科の選び方

ラミネートべニア

ラミネートベニアとは、ホワイトニングでは白くできない歯や、歯と歯の間に隙間が開いている歯や小さくてバランスの悪い歯などに歯の表面(エナメル質)を少し削って、削った歯の上に薄いセラミックのシェル(付け爪と同じ役割)を貼り付ける治療方法です。

セラミックの形を調整する事でねじれている歯や歯と歯の間の隙間を改善する事ができますので、短期間で歯並びや歯の形を変えたい、半永久的に歯を白く保ちたい方などの場合に用いられます。

ただし、削る量が少ないため自分の歯の色調を完全に遮断しないため色調の改善に限界があること、虫歯などにより残存している歯質の量が少ない場合は適用できないなどの欠点があります。

しかし、適応する方の場合、虫歯などの治療が必要ない方であれば、ラミネートベニアは型取りから装着まで2〜3回で治療が完了しますので、短期間で理想通りの白い歯や歯並びにすることができるので芸能人やモデル、営業職の方に人気の治療方法です。

色の改善

術前

 

術後

部分的な変色と、歯の隙間が見られます。

 

ラミネートベニアで色と形がきれいになりました。

形の改善

術前
矮小歯(わいしょうし)と言われる奇形歯の一つです。他の歯に比べ歯の大きさが小さいままです。

 

術後
元の歯の形より少し大きめのラミネートベニアを接着し、周囲の歯と同じ大きさに整えます。

 

ラミネートべニアの注意点

ラミネートベニアはホワイトニングとは違い歯の色の後戻りがなく歯垢も付きづらいので見た目を重視させるには適した治療法です。

セラミックシェルが薄く割れやすいので強い圧力がかかる部分には使用できません。また、歯が小さく噛み合わせに支障をきたしている場合は改善できるのでいい方法ですが、歯並びに関しては歯の方向をほぼ変えられませんので見た目のみの治療になります。

健康な歯を削る方法ですので担当医に一般的ではなく、ご自身の歯に対するメリット・デメリットの説明を受けてからよくご検討下さい。

ページの先頭へ戻る