東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯(歯肉)の色が気になる方
   → クリーニング
   → ホワイトニング
   → 歯肉のホワイトニング
   → 費用
   → よい審美歯科の選び方

歯の形・並びが気になる方
   → セラミック素材
   → ラミネートベニア
   → セラミッククラウン
   → 費用
   → よい審美歯科の選び方

クリーニング

毎日、丁寧に歯を磨いていても歯ブラシと歯磨き粉だけではお口の汚れの除去率は60% 未満で汚れは完全には落ちません。

また、食べかすだけではなく、赤ワイン・お茶・タバコのヤニなども汚れの元です。
ご自分で落とせない汚れが徐々にお口の中で歯石や歯の変色の原因となってしまいます。
歯医者さんに定期的に行って汚れを落としてもらいましょう。

そのまま放っておくと見た目が悪いだけではなく、虫歯や歯肉炎・歯周病の元になります。

クリーニングの種類

・ジェットクリーニング
きめの細かい粉を高圧のお水で吹き付けて、
歯の表面を傷つけずに細かい汚れを
短時間に 簡単にできる方法です。

・研磨剤
歯医者さんでペーストもしくは粉の研磨剤を処方してくれます。

病気やつわりなどで嘔吐を繰り返した後には、胃酸で歯の表面が溶かされてざらついてしまい汚れやすくなってしまいますので嘔吐後に研磨剤でクリーニングをされたほうがいいでしょう。

・PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
歯の汚れや歯垢は、歯の表面に形成されたバイオフィルム(細菌の塊)に吸い寄せられて付着します。

この、バイオフィルムを取り除くと汚れや歯垢が極端に付着しにくくなります。しかし、このバイオフィルムは歯磨き位では簡単に取れないだけではなく、とれてもすぐにまた、形成されてしまいます。

ただし、研磨によりバイオフィルム破壊後に歯にフッ素を塗布することでフッ素がバイオフィルム形成を阻害してくれるので約6ヶ月作用が続きます。

PMTCによるクリーニングの流れ

PMTCによるクリーニングの流れ

1.歯石が付いている場合は事前に除去しておきます。

2.歯の汚れを染色する赤い液体でどこに汚れが付いているか確認します。

3.フッ素入り研磨剤を歯と歯茎の境目に注入します。

4.軟らかいゴムでできているカップを機械に取り付けてブラッシングをしながら歯の汚れを取り除いていきます。痛みをご心配される方もいっらっしゃいますが、痛みはないのでご安心下さい。

5.研磨剤を水で洗い流した後にフッ素を歯に塗布します。

ページの先頭へ戻る