東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯科治療に関するQ&A

Q : 歯を磨いているのに何故虫歯になるの?

A : 「歯ブラシをしているのに、なんで虫歯になるんだろう?」というお悩みをたくさんの方が持っていらっしゃいますが、実際に一日一回ということではなく、一日に複数回磨いてらっしゃる方でも虫歯になる方は虫歯になってしまいます。

何故かといえば、“磨いている”と“磨けている”の大きな違いがあるからです。
むし歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク:食べ物のカス)に、むし歯をつくるミュータンス菌が住みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に孔をあけます。これがむし歯のはじまりです。むし歯は誰でもかかっているために軽くみられがちですが、再石灰化が不可能なレベルに達したむし歯は自然のままでは元には戻りません。治療を受け、それ以上進行しないようにするしか、歯を守る方法はありません。

歯磨きは非常に有効な予防方法の一つですが、歯ブラシと歯磨き粉によるブラッシングのみでは60%未満の汚れしか落とせません。汚れを落とすために、力を入れすぎて磨いたり間違った磨き方では、歯を虫歯などから予防する目的に反して歯や歯肉を傷つけてしまう事があります。

歯科治療に関するQ&A

Q : 虫歯が体全体の病気につながるって本当ですか?

A :人間のからだは血液・リンパ腺・神経などによってすべての器官が連絡しあっています。虫歯と歯周病は細菌感染症なので、その細菌が体全体に影響を及ぼして、心臓病や糖尿病、胃腸障害など、循環器や消化器系の病気の発症や進行に重大な影響を与えることがわかってきました。

虫歯や歯周病の細菌が口の中だけでなく生命の危機につながる、全身の健康に影響が有ることは確実です。

歯科治療に関するQ&A

Q : 自分でも歯周病を見つけられますか?

A : 気が付かない方がほとんどですが、日本人の成人の8割は歯周病を持つと言われています。そして歯周病になると、気づかずに自分の大切な歯を失う原因になります。しかし、歯周病は予防することができますし、また発見が早いと治療もしやすい病気です。
セルフチェックポイントは7つあります。

  1. 歯茎が赤く腫れている
  2. 歯茎から出血がある(危険!)
  3. 口臭が常にある
  4. 歯と歯の間に隙間ができてきた
  5. 歯茎がやせて歯の根っこが見えてきた
  6. 歯がグラグラしてくる(危険!)
  7. 歯茎が痛い、かゆい
歯科治療に関するQ&A

Q : 歯医者さんでタバコをやめるように指導されましたが虫歯とどんな関係が
    あるのでしょうか?

A : タバコが身体によくないことはよく知られています。何故、身体以外に歯にもよくないかというと、タバコに含まれるニコチンに、末梢血管を収縮させる作用があります。血管が収縮する事で歯肉への酸素の供給量が減少し、歯肉は絶えず栄養不足の状態になってしまい、歯周病にかかりやすくなってしまいます。

また、タバコの煙に含まれる一酸化炭素は、身体に血中のヘモグロビンと結合してビタミンCを大量に消費してしまいます。さらに、タバコを吸うと細菌を殺す白血球の機能が低下し、歯肉の病気を悪化させます。

歯科治療に関するQ&A

Q : 以前、神経を取ったのですが、最近痛みます。

A : よく耳にするお話ですが、痛いといっても痛みの種類が違い、生きている歯の神経症状“甘い物や冷たい物がしみる”といった痛みではなく、“噛むと痛いや熱い物を食べるとジーンと痛む(化膿性の炎症の場合)、歯茎が腫れぼったくて痛い”という歯牙支持組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨)の痛みです。

歯の病気には大きく分けて2通りあり、歯の根管内が細菌感染して起こる病気と歯を支える歯肉や骨が感染して起こるいわゆる歯周病です。

細菌感染は、神経を取った歯の中に細菌が隠れていたり、再度虫歯になって細菌感染したり、時には歯周病が原因で根の先端から逆に感染することもあります。これらの細菌感染が原因で根の先端に膿が溜まって痛みを生じます。

歯周病は主に歯垢や歯石が原因の細菌感染や歯に無理な力がかかる食いしばりや歯ぎしり、悪い噛み合わせなどによる外傷性咬合などが原因です。

これら以外には歯根の破折やヒビなども痛みの原因になります。
どの症状でも治療が必要です。

例外的に風邪をひいた時やアレルギーが原因で上顎洞や鼻粘膜が腫れて歯が浮いたような痛みを生じる場合もあります。また寝不足や肩こりが原因の時もあります。

歯科治療に関するQ&A

Q : 妊娠中の歯科治療は避けたほうがいいですか?

A : 妊娠中の歯科治療についてですが、痛みがひどい場合は5〜7ヶ月目の安定期に治療を行います。 ただし、基本的に抗生物質、鎮痛薬などの薬剤はお腹の赤ちゃんに影響を及ぼしますので、なるべく使用は控えます。また、レントゲン撮影も鉛エプロンで防護して必要最小限にとどめます。

妊娠初期は受精卵が着床するまでの2〜3ヶ月は歯科治療によるストレスや麻酔などにより流産の危険性がありますので治療は応急処置にとどめます。特にレントゲン撮影は妊娠初期の胚細胞分裂の時期には奇形児の原因として考えられますので避けます。妊娠後期は、やはり歯科治療によるストレスが原因で早産の危険がありますので避けた方が良いでしょう。出産後も、授乳期間は薬剤が母乳から出てしまうので抗生剤などのお薬は使えません。

今現在、歯に痛みがないのでしたら妊娠中の歯科治療は避けて、出産後の授乳が終わってから治療に通われるのをオススメ致します。
歯科治療は妊娠前に検査してもらい事前に治療しておけるのが一番です。

ページの先頭へ戻る