東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

 
矯正治療に関するQ&A

Q : 矯正治療はどの位の期間がかかりますか?

A : 治療期間に関しては、人それぞれ顔や性格が違うように、歯並びや歯の動く早さ的などにより違いがありますが、一般的には1年半〜2年半ほど矯正装置(ブラケット)を装着し歯を動かします。

歯を動かした後に歯にリテーナーと呼ばれる保定装置で歯が元の状態に戻るのを防ぐ治療に1年〜2年ほどかかります。また、部分矯正で半年ほどブラケットを付けてその後、保定して治療が早期に終了する場合など様々です。

上記はあくまでも目安ですので、詳しい治療期間に関しましては矯正医に診断してもらいましょう。

矯正治療に関するQ&A

Q : 歯並びが気になるのですが、いつ頃から矯正治療を始めたらいいの?

A :矯正治療は健康診断で不正咬合と言われた時や、鏡に映る自分を見て気になる時に歯と骨の状態がよければ、何歳からでも年齢制限なく治療は可能です。

最近では、歯並びや噛み合わせの重要性や審美的理由から矯正装置が目立たなくなってきていることもあり、成人の方の矯正も多くなってきています。

ただし、乳歯だけが生えている6歳くらいまでの乳歯列期、乳歯と永久歯が混ざって生えている混合歯列期、永久歯だけに生え変わっている永久歯列期、このいつの時期に治療を始めるかによって治療は異なってきます。

乳歯列期には、主に顔面の成長発育に問題を起こしそうな場合、矯正治療をせずに後から生えてくる永久歯に悪影響を与える場合、指しゃぶりや唇を噛む癖、物を飲むときに舌を前に突き出す癖などがある場合に治療をします。

永久歯完成後は全ての歯にブラケットと呼ばれる矯正装置を付けることにより、より望ましい噛み合わせや歯並びを得るために治療をします。状態には個人差があり、観察診療をまずされた方がいい場合など異なりますので矯正医に診断してもらいましょう。

矯正治療に関するQ&A

Q : 矯正器具で取り外し可能なものはありますか?

A :従来のワイヤーで固定する矯正装置とは異なり透明なマウスピース装着型で、今まで見た目を気にして矯正治療に踏み切れなかった方のお悩み解消する新しい装置です。

装置が目立たないだけでなく、今まで一回装着すると治療が終わるまで取り外せなかった矯正装置もご自分で食事や歯磨きの時に矯正装置を取り外すことが可能ですので、食べ物が挟まるので食べれなかったものが食べられる、歯磨きが矯正装置に邪魔されずにできるといった衛生面でのメリットがあります。

また、患者さんの歯並びに合わせた状態で作るので、以前の矯正装置に比べると違和感はほとんどありません。

ワイヤーを使った矯正のように狙った場所に歯が正確に来ないことがあるのはデメリットですが、抜歯の必要がない患者さんや金属アレルギーをお持ちの方に有効的な方法です。
この装置が使用可能かどうかは矯正医に診断してもらいましょう。

矯正治療に関するQ&A

Q : 矯正治療は痛いと聞いたことがあり不安です。

A :矯正治療で、初めて矯正装置を歯に取り付けて4〜5時間ほどで歯が動く準備を始めます。個人差はありますが歯が動く準備に入り、歯が浮くような違和感や、噛むと痛いといった症状が現れることがあります。

通常、2〜3日でおさまります。ただ、個人差がありますので、初めからほとんど違和感のない方や1週間位、痛みなどの症状が続いてしまう方もいらっしゃいます。ただし、矯正治療期間中ずっと続くことはありません。

どうしても痛い時には、処方されている鎮痛剤を服用しても構いません。装置を装着した最初が一番つらく、次回からの治療のたびにこのような状態になるわけではありません。また、治療が進むにつれ和らいでいきます。

矯正治療に関するQ&A

Q : 治療後に歯並びが戻ってしまう場合があるって聞きましたが本当?

A :長期間をかけてせっかく綺麗な歯並びや噛み合わせに治療した歯も、矯正装置(ブラケット)を取り外した後、不安定な状態になり、元の歯の位置へ戻ろうとします。

この後戻りを防ぐために保定装置(リテーナー)を使用して矯正装置を外した後の理想的な歯並びを固定させます。矯正治療によって移動させた歯の位置を骨や組織が完全に受け入れるまで使用することが必要となります。

リテーナーを使用することで理想的な歯並びを長持ちさせる方法ですので、担当医の指示を守ることが大切です。また、日常のクセにも気を付けましょう。歯並びが悪くなる原因に結びつくこともあります。

矯正治療に関するQ&A

Q : 歯を削って歯並びを良くする方法は何をするの?

A :歯を削って、付け爪のような物やかぶせ物で歯の形を変え見た目を良くする方法も治療法の一つです。この治療方法のメリットとしては、短時間での治療が可能です。

しかし、将来作り直しをする必要があったり、また歯根の生えている方向と削って入れた歯の方向が異なる場合、歯根に無理な力がかかるので歯の寿命を短くしてしまう場合もあります。

一番の欠点は健康な歯でも削らなくては治療できません。矯正治療は、治療に時間はかかりますが、ご自分の歯を並べかえる方法ですので、治療後のケアさえしっかりすれば、一生ご自分の歯を使っていくことができます。

矯正治療に関するQ&A

Q : ブリッジや神経を抜いた歯がありますが矯正治療は可能ですか?

A :いずれの場合にも矯正治療には支障はありませんが、差し歯の場合は矯正治療前の歯並びに合わせて作られていますので、矯正治療後には、作り直す必要があるかもしれません。

ブリッジの場合には、失った歯の両隣の歯を支えに義歯を入れています。しかし矯正治療では、スペースが必要で歯を抜く必要がある場合もありますので、ブリッジの義歯の部分を切断しスペースを作って、治療していく場合があります。

この場合には、矯正治療後にブリッジや冠の作り直しが必要になってきます。矯正治療上、やむを得なく歯を抜く治療が必要な場合に本来抜く歯が健康で、隣の歯に神経が無い場合には、神経がない歯を抜くことがあります。

矯正治療に関するQ&A

Q : 矯正治療を受けたいのでが妊娠中も治療は継続できますか?

A :妊娠しているのが明らかな状態で矯正治療スタートされる場合には、検査時に必要なレントゲン撮影があるので、避けられた方が良いでしょう。

また、抜歯が必要となった際の麻酔や痛み止めのお薬についても同様にお腹の赤ちゃんへの影響を考えると避けられたほうが良いでしょう。

ただ、矯正治療中に妊娠された場合は、治療を継続することに問題はないかと思います。ご心配されなくても大丈夫です。一度、矯正医へご相談ください。

また、妊娠中はホルモンのバランスにより虫歯などになりやすいので、歯磨きなどの回数を増やす必要があります。

矯正治療に関するQ&A

Q : 気を付けたほうがいい食べ物はありますか?

A :ガムやキャラメルなど歯や矯正装置にくっつきやすい物は、なるべく避けて頂いた方がいいかと思います。また、硬い食べ物も食べる際は奥歯の方で噛むようにしましょう。

矯正治療に関するQ&A

Q : 運動しても大丈夫ですか?

A :基本の運動は大丈夫ですが、例えばボクシングなどのように顔に衝撃が来る可能性があるものは矯正装置によって唇などを切ってしまう可能性があるので避けたほうがいいでしょう。

矯正治療に関するQ&A

Q : 抜歯は必ず必要ですか?

A :必ずといった事ではありません。歯の大きさ・数に比べてあごが小さく、歯の並ぶスペースが狭い場合、歯を抜いて作ったスペースに歯を移動させて歯並びを整えます。

もちろん、抜歯せずに矯正する場合もあり、検査のときに医師が判断します。子どもの時から治療を始めれば、抜歯せずに済むことも多いようです。

矯正治療に関するQ&A

Q : 引越しをするのですが、矯正治療を引き続きするにあたりどのような注意点
    がありますか?

A :現在、矯正治療を受けていらっしゃる医院の提携先や紹介先の医院へ紹介状とともに、引継ぎ書類を持って移転する方法を取られるのをオススメ致します。また、移転の際に初診時の矯正検査データとその後の治療経過の資料をもらいましょう。

ページの先頭へ戻る

[PR]<【復縁マニュアル】寄りを戻す復活愛!元カノと復縁する方法