東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

お子様の治療費について

お子様の矯正治療費の場合
お子様の矯正治療は大きく分けて3つ方法があり、混合歯列期の治療(1期治療)のみと、混合歯列期+永久歯列期の2期に分けて行う治療方法と、永久歯列期のみの治療方法に分かれます。

一般的平均治療費例は
(初診料・検査料・診断料・装置装着料・治療費・装置調整費・保定装置・保定観察料)

・混合歯列期(1期治療)のみ¥300,000〜¥500,000くらい
・混合歯列期(1期治療)+永久歯列期(2期治療) \300,000~\500,000くらい×2
・永久歯列期(2期治療)のみ ¥600,000〜¥1,000,000くらい

医院によって異なりますが平均的に各医院、混合歯列期(1期治療)+永久歯列期(2期治療)の総額を永久歯列期(2期治療)のみと、ほぼ同額の費用設定をしている医院が多く見られます。

 

成人の治療費について

成人の矯正治療費の場合
成人の方の矯正治療は虫歯や歯周病をお持ちの方が多く、虫歯や歯周病を先に治療しなくてはいけない場合、その分治療期間が長くなる場合があります。
矯正装置もお子様に比べ選択肢も増えてきますので、虫歯や歯周病の治療、装置によってそれぞれ大きく費用が変わってきます。

一般的平均治療費例は
(初診料・検査料・診断料・装置装着料・治療費・装置調整費・保定装置・保定観察料)
初診料      ¥3.000〜¥5,000程度 無料の医院も中にはあります。
検査料・診断料  ¥30,000〜¥50,000程度
その後の治療費  メタルブラケット(歯の表面に金属装置装着)の場合
¥600,000〜¥1,200,000位
セラミックブラケットなど(矯正装置を透明のもの使用)の場合
¥800,000〜¥1,400,000位
リンガルブラケット(歯の内側に矯正装置装着)の場合
一般的に使われているメタルブラケットの1.5倍位

医院によってお支払い方法が異なり、治療費などを総額支払う医院と、毎月固定された費用と調整費を支払う医院と様々です。

総額制の医院は治療が長引いても費用は変わりませんが、固定費と調整費の医院であれば治療期間とともに費用が変わってきます。担当医と矯正計画を立てる際にお尋ね下さい。

ページの先頭へ戻る

[PR]mixiで初心者でも3ヶ月で最愛の彼女を見つけ出す方法