東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

矯正装置の種類

インビザライン

クリアライナー/アクアライン/インビザライン
従来のワイヤーで固定する方法とは異なり透明なマウスピース装着型なので、装着してもほとんど目立たない新しい装置です。

装置が目立たないだけでなく、今まで一回装着すると治療が終わるまで取り外せなかった矯正装置も食事や歯磨きの時に自分で矯正装置を取り外すことが可能ですので、挟まって食べられなかったものが食べられる、歯磨きが矯正装置に邪魔されずにできるといった衛生面でのメリットがあります。

患者さんの歯並びに合わせて作りますが、ワイヤーを使った矯正のように狙った場所に歯が正確に来ない・症状によって適応しない場合があります。抜歯の必要がない患者さんや金属アレルギーをお持ちの方に有効的な方法です。

メタルブラケット

メタルブラケット
金属製の装置で、他の矯正装置に比べ目立つデメリットはありますが、金属の特性により薄く壊れる心配がない、もっともリーズナブルな矯正装置です。

現在は接着剤の技術の進化により小さな金属の装置を貼るだけなので、昔ほどギラギラと目立つ事もなくなりました。

セラミックブラケット

セラミックブラケット
セラミックで作られている装置で、歯と同色の透明にできているので目立ちにくく、矯正期間もメタルブラケットを使用した際と変わりはありません。

プラスチックブラケット

プラスチックブラケット
プラスチックで作られている装置で、少し金属が見えますがほとんどが透明な矯正装置です。治療期間はメタルブラケットを使用した際と変わりはありません。

リンガルブラケット

リンガルブラケット
歯の上下ともに裏側に矯正装置を装着することで、見た目には矯正治療していることがわかりません。
他の矯正装置に比べると治療費が安くはありません。 しかし、周囲の人に気づかれずに矯正治療をしたい方には最適です。

ページの先頭へ戻る

[PR]英語が90日間でペラペラに!【カリスマ英語速習法】