東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

矯正開始時期

矯正治療は健康診断で不正咬合と言われた時や、鏡に映る自分を見て気になる時に歯と骨の状態がよければ、何歳からでも年齢制限なく治療は可能です。
最近では、歯並びや噛み合わせの重要性や審美的理由から矯正装置が目立たなくなってきていることもあり、成人の方の矯正も多くなってきています。
ただし、乳歯だけが生えている6歳くらいまでの乳歯列期、乳歯と永久歯が混ざって生えている混合歯列期、永久歯だけに生え変わっている永久歯列期、このいつの時期に治療を始めるかによって治療は異なってきます。

1. 乳歯列期
乳歯列期に治療を開始するという事は、お子様の肉体的にも精神的に負担が大きくなることが予想されお勧めはできませんが、指しゃぶりがやめられないなどの習慣から、将来の噛み合わせに悪影響を及ぼしそうな場合はまず、他の方法での改善を歯科医にご相談下さい。ほとんどは、観察治療が多いようですが、中には乳歯列期からの治療が必要なお子様もいらっしゃいます。

2. 混合歯列期
あご骨の成長期になりますので、改善が必要な方は骨の成長に合わせて治療を開始します。
軽度の噛み合わせが悪い方であれば、この時期(1期治療)のみで終了します。
その後すべて永久歯に変わるまでの間、経過観察診療を続け永久歯列期に本格的な治療を要するかたもいらっしゃいます。1期治療をしていることで、2期治療が効果的に行えたり、短期間で終了します。
子供の矯正治療のメリットは多くブラッシング指導や虫歯や歯周病の予防・管理ができるので、虫歯や歯周病になりにくいです。
歯の生えている角度により、大人になってからは治療困難な場合もでてきますので、この場合、他のお子様と比べ多少、治療期間が延びますが大人に比べれば治療しやすいです。

3. 永久歯列期
これ以降はあご骨の成長も落ち着いてきているので、骨格矯正は困難ですが、あご骨がしかっりしているので歯の移動計画が立てやすくなります。自主的にコンプレックス改善に受けられる方の割合が増えてきます。

4. 成人してからはじめる
成人になってからの場合、親知らずが生えてきたり、虫歯や歯周病で歯を失ったりする事で歯列に悪影響を与える場合があります。歯周病は歯を失うだけでなく、周りの骨を溶かしてしまうので、歯周病の進行度が高い場合は、骨の再生が間に合わないので矯正治療は控えた方がよいでしょう。
また、あご骨の成長が止まっているので抜歯をしての治療方法なども含まれてきます。
しかし、矯正治療をご自身で理解して治療をスタートするので治療もスムーズに進みます。

ページの先頭へ戻る

[PR]ギター初心者講座〜7日間でギター初心者がギターコードが弾ける

 
あなたの通う歯科医院の評価を教えてください。