東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯並びを悪くする原因

普段からの癖

幼児期(4〜5歳)になっても指しゃぶりが直らない場合は指の力で歯が動き、出っ歯などの原因になる事があります。
また、大人でも、頬杖をつく、指・爪・唇を噛んでいる、一定方向でいつも寝ている、口が常に開いているなど、これらの癖も歯並びを悪くする要因になります。

食べ方

子供の頃に、よく噛まなくても食べられる軟らかい食事や飲み物と一緒に飲み込むような食べ方ばかりをしていると、あごの骨の成長期にあごが十分に発達しません。
結果、小さなあごに大きな歯が生えるので、歯が並ぶだけの十分なスペースがなく前後にデコボコとした歯並びになってしまいます。

虫歯

初めての永久歯は一番奥から生えてくるので、乳歯には後から生える永久歯の場所を確保する役割があります。乳歯の虫歯を放置して形が変わる、抜歯した場所をそのままにして隙間があると、永久歯が正しい位置に生えずに歯並びや噛み合わせが悪くなる事があります。また、親知らずに押される、左右の歯が隙間に移動する・空いた所にたおれるなどで、噛み合わせや歯並びが悪くなることもあります。

病気・アレルギー

扁桃腺肥大や鼻炎などの症状で口呼吸を続けると、歯を唇で押さえる力が弱くなり舌の位置が異なったり、口の筋肉バランスが崩れて出っ歯や受け口の要因となる事があります。

遺伝

矯正歯科を必要とする患者さんは上記のような生活の積み重ねが原因の方もいれば、遺伝的な影響を受けている事もあります。
顔や体型が両親に似るのと同様にあごの形や歯の大きさ・本数も遺伝により、ある程度決まってしまいます。

ご両親様が矯正治療で歯が綺麗になっている場合は、あくまで治療で綺麗になっているので、お子様に治療前の状態が遺伝する事があります。

ページの先頭へ戻る

[PR]高校受験 最短合格プログラム