東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

インプラントの構造

インプラントは“フィクスチャー”“アバットメント”“上部構造”の3つのパーツから構成されています。
“フィクスチャー”はネジのような形をしていてあごの骨に埋め込み骨とチタン製のフィクスチャーが統合して歯根の役割を果たします。

歯肉を切り開いてあごの骨に専用のドリルで穴を開けて、その穴にフィクスチャーを埋め込み、歯肉を縫合します。骨の状態により期間に多少の差はでますが、平均で下あごであれば3〜4ヶ月、上あごで6〜7ヶ月ほどでフィクスチャーとあご骨がしっかりと統合します。

しっかりと統合した後に再び歯肉を切り開いてフィクスチャーの頭にネジ式になっている“アバットメント”を固定します。 アバットメントもフィクスチャー同様に人工歯根の一部となるチタン製の部品で“上部構造”を直接支えます。

ここまでの、“フィクスチャー”と“アバットメント”をインプラントと呼ぶこともあれば、 “フィクスチャー”をインプラントと言うこともあります。

基本的には手術は“フィクスチャー”を埋め込む時とアバットメントを取り付ける時の2回が必要ですがお口の状態によっては1回の場合もあります。 そして、上部構造である歯の部分をセラミックや金属で作ります。 

インプラント構造その1画像
インプラント構造その2画像 インプラント構造その3画像

ページの先頭へ戻る

[PR]大きくなったら二度と戻ることがない豊胸バストアップ法