東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯がないままにしておくと

虫歯と歯周病

歯がお互いに重なる部分がある場合は通常の歯磨きでは歯ブラシの毛先が届かない、もしくは届きづらい部分がでてきて、そこに歯垢・歯石がたまりやすく虫歯になりやすい傾向にあります。

また虫歯だけでなく、歯と歯の間を十分に磨くことができず結果として歯肉が炎症をおこして出血すると、歯周病のはじまりのサインです。この、症状を放置してしまうと歯を支える顎の骨が吸収されて歯の寿命を短くしてしまう原因にもなります。

虫歯・歯周病以外にも、噛み合わせが悪い事で食べ物をよく噛むことができないと、お口の中の唾液の分泌量が減ってしまい、本来の唾液が持つ役割の一つである口の中を綺麗にする自浄作用が上手く働かず、お口の中を十分に綺麗に掃除できなくなってしまいます。

それが原因でお口の中に汚れが溜まり、虫歯・歯周病にかかりやすい状態になったり、口臭の原因にもつながります。

発音

歯と歯に大きな隙間があったり、歯が倒れている場合には正しい舌の動きができないため 正常な発音がしづらい場合があります。

例えば、受け口や奥歯が噛み合っていても前歯の噛み合わせが悪い場合は、サ行やタ行の音が不明確になりやすいです。そのため、言葉を伝えるアナウンサーや俳優などのお仕事の場合は欠点となってしまいます。また、外国語を使う方も正しい発音ができないだけでなく、違う意味になってしまったり意味が通じないなどという事も出てきてしまいます。

体の痛み

噛み合わせが悪い、奥歯がない方は無意識にうまく噛もうとあごが不自然な動きをするので、あごから肩にかけての筋肉に無理な力がかかってしまいます。 特に首や肩周辺には、重要な神経や血管が集中していますので、首や肩周辺の筋肉が疲れると神経や血管が圧迫され肩こりや頭痛などの原因の一つになることがあります。 また、噛み合わせは姿勢とも深く関わっていることもあります。

あご

歯並びが悪い方は歯に均等な圧力をかけて噛んでいないため、あごのバランスが崩れあごの関節や筋肉に炎症を起こしやすく、“お口を大きく開けるとカクカクと音がする”“あごの関節や周囲に痛みがありお口を大きく開けられない”という顎関節症(がくかんせつしょう)が近年、女性や子供を中心に増えてきています。

顎関節症は姿勢が悪かったり、精神的ストレスや歯ぎしり以外にも歯並びの悪さも顎関節症の原因になります。つまり、噛み合わせの悪さがあごの関節に無理な力をかけてしまい、子供のあごの成長を妨げてしまったり、上下のあごのバランスの悪さからひどい場合は顔がゆがむ原因になったり、体のほかの部分にも異常が現れます。

消化不良

食べ物が体内に栄養として吸収されるまでには、口にした食べ物を消化しやすい大きさに噛み砕き、噛むことで唾液を分泌し、唾液に含まれる消化酵素と食べ物が混じることで胃がスムーズに消化しやすい状態に送ります。しかし、噛み合わせが悪いとよく噛み砕けないだけでなく唾液の分泌が悪く、消化しにくい状態で胃に送られることになり結果、胃腸に負担がかかってしまいます。

周囲の評判と精神的負担

口元の形は歯の噛み合わせから変わってきます。芸能人の物まねからもわかるように歯に特徴のある方の真似はマウスピースなどを使って物まねするように、顔全体の印象にも大きな影響を与えます。

この事からもわかるように、人と話すとき、どうしても口元に目がいってしまうものです。その為、歯並びが悪いと他人からの視線が気になってコンプレックスになってしまい、人と話すのが嫌になったり、大きな口を開けて笑えなくなったりする事があります。

アメリカでは矯正が日常的で、病気とは関係なく歯のケアまでできるのは身だしなみのひとつであり、知性や教養一般階級をみたしている表れにまで結びつきます。 日本でも、近年身だしなみのひとつとして就職や営業職の方にも影響を及ぼすと気にかけられています。

虫歯による症例画像交通事故による欠損画像

ページの先頭へ戻る

[PR]ゴルフ7日間シングルプログラム 口コミ・評価・評判・レビュー