東京都歯科 歯医者 歯科医院 口コミ ランキング

 

歯と歯茎のケアグッズ
   → 歯ブラシ
   → 電動歯ブラシ
   → 歯間ブラシ
   → デンタルフロス(糸ようじ)

その他のケアグッズ
   → 舌ブラシ(タンクリーナー)
   → 歯磨き粉
   → デンタルリンス

デンタルフロス(糸ようじ)

歯周病菌は酸素を嫌うので、歯と歯の空気の届きにくい所にとどまりますので、歯と歯の間から歯周病が発症します。

歯周病だけでなく、歯と歯の間は歯垢も溜まりやすく虫歯になりやすい場所でもあります。
こんな、虫歯と歯周病予防を手助けするお掃除方法が、歯間ブラシとデンタルフロスです。
歯ブラシだけでの歯磨きでの歯垢除去率は60%以下ですが、歯間ブラシとデンタルフロスを歯ブラシと併用して使用する事で歯垢除去率が95%まであがります。

デンタルグッズ デンタルフロス(糸ようじ)

歯磨き粉やデンタルリンスの殺菌効果などはありますが、歯垢を取り除く効果は残念ながらありませんので、歯間ブラシとデンタルフロスを歯ブラシと併用することが虫歯や歯周病予防に役立ちます。

デンタルフロスは細い弾力のある繊維の束でできていて、歯と歯の間に入れて歯垢を繊維の束が巻き取りながら除去する道具です。

糸を指に巻きつけるタイプとプラスチックのホルダーに糸がピンと張られているタイプがあります。 ホルダータイプの物は奥歯に使いやすく、デンタルフロス初心者の方にもオススメです。

また、繊維にはワックスを使用したものと未使用のタイプがあります。 ワックスなしのタイプの方が歯にワックスが付かないので理想的ですが、歯と歯の間を通しづらい場合はワックス付を使用された方が勢いで歯の間に入ったデンタルフロスが歯肉を傷つけるなどないのでいいかと思います。

歯と歯の間で引っかかりやすい・切れやすい場合は歯と歯の間で虫歯になっている可能性がありますので、早めに歯医者さんにご相談して治療を受けてください。 また、使用開始時に歯茎に炎症がある場合は出血する事がありますが、使用してお口の環境が良くなってこれば出血は止まります。いつまでも出血が続くようでしたらお口の中に異常がある事がありますので、歯医者さんにご相談下さい。

ページの先頭へ戻る

[PR]ジニアスeye川村博士の視力回復法〜14日間視力回復プログラム